雨マップは、いつでもどこでも現在地の雨雲の様子を確認でき、
現在から「6時間後までの雨雲」の様子を地図に重ねて表示できる画期的な天気予報アプリです。2つ目の天気アプリとしてご利用ください。
雨雲を地図の上でアニメーション表示できるため、雨が止むタイミングや雨の降り始めのタイミングが直感的にわかります。

雨マップアプリ

  • 6時間後までの雨雲の動きや天気をチェック出来る
  • 雨量を水滴の量で視覚的に表示する天気アイコン
  • よく行く場所を登録してワンタッチで切り替え

時間毎の雨雲の様子を地図上でチェック出来るアプリです。雨雲の様子をアニメーションで表示できるので、雨が止むタイミングや降り始めが直観的に分かります。

雨マップアプリをダウンロード

天気予報で見られる雨雲の動きを地図上に表示させ、6時間後までの雨雲の動きを把握出来ます。6時間後まで分かるので1日の行動計画も立てやすく、傘を忘れて雨に降られるという事態も避けられます。また、よく行くスポットを10件まであらかじめ登録しておけば、切り替えもワンタッチ。朝の忙しい時でもチェックがスムーズになります。

雨雲の動きだけでなく、一日の降水量や天気まで確認出来るのが嬉しいところ。
特に天気アイコンは目で見て雨の量が分かるように、水滴で表現されているのが面白いところ。水滴の量が多ければ降水量が多いとすぐに分かるので、社内にいてもどれくらい降っているか瞬時に確認出来ます。

特に、雨の降りやすい梅雨の時期や、夏などに使えるアプリです.

雨の動きがマップで分かりますので、雨雲が近づいているか、雨雲が途切れそうかで雨の状況に関する大まかな判断ができます。
雨が降りそうな時には傘は持っていくべきかどうか、洗濯物は外に干して大丈夫かなどの判断に。雨が降っている時は止みそうか、このまま続きそうか等など、雨に関する様々な予測の判断材料として使えるアプリです。